日本財団「海と日本プロジェクト」とは、2015年に「海の日」20回目を記念し、日本財団の主導で推進しているプロジェクトです。次世代を担う子どもたちを中心として多くの方々に「海の日」の意義について認識を深めてもらうとともに、海への好奇心を持ってもらい、行動を起こすムーブメントを作り出すことを目指しています。

財団ロゴ-01.pngの複製

体験者は水中ドローンダイバーという架空の職業訓練生として、水中ドローンで撮影された水の中を巡回し、海の中で起こる様々な課題にチャレンジしていきます。 職業体験というロールプレイングを通して、海との接点が減った、もしくは全くなかった子どもたちに対して海の素晴らしさや海の抱える課題などを伝えることで、好奇心や興味を喚起していきます。 今回の水中映像には、箱根園水族館、横浜・八景島シーパラダイスの協力のもと、水中ドローンを使い事前に撮影された大型水槽のの8K・360°映像が使用されています。

水中ドローンを遠隔から操作することで、水槽の点検などの水族館での仕事や、生簀の監視や深海の調査などの海の仕事を行う、近未来の職業です。

 
photo01.png

●実施日程

●実施会場

●実施形態

2020年12月4日

都内某院内学級

生徒各々の病室のタブレットにつないでのオンライン授業

実施済

●参加人数

約10名

●実施日程

●実施会場

●実施形態

2020年12月25日

愛知県立大府特別支援学校

授業が行われている教室につないでのオンライン授業

●参加人数

約30名

●実施日程

●実施会場

●実施形態

2021年1月14日

さいたま市立栄小学校

体育館等、大人数向け授業等が行われている場所でのオフライン授業

●参加人数

約100名

●実施日程

●実施会場

●実施形態

●参加人数

2021年1月24日

YoutubeLive配信

Webでの一般向け配信授業

無制限

 
pict01.png
 

プロジェクトへのご質問・ご相談は下記までお問い合わせください。

バーチャルオーシャン製作委員会

vocean.create@gmail.com

担当:山田、鶴岡

photo02.png